沿革 -History-
factory_gion02
1932年
(昭和7年)
吉田 富加(現社長の父)が広島市天満町に缶詰及び製缶業を創業。
Tomika Yoshida (father of the present CEO) in Tenmacho, Hiroshima, established canned food and can manufacturing company.
1945年
(昭和20年)
企業合同により海軍監督工場に認定され軍需品製造。
By mutual agreement plant was authorized as Naval supervision plant proving army demand goods.
1946年
(昭和21年)
再び缶詰及び製缶業を始める。
Resumes manufacturing canned food and can.
1949年
(昭和24年)
広島市中広町に光工業株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。資本金150万円。
In Nakahiro, Hiroshima, Hikari Industry Co., LTd. established.Fumika Yoshida becomes CEO. Capital 1.5 million yen.
1961年
(昭和36年)
大和製罐株式会社と取引を始める。
Starts business with Daiwa Can Company Co., Ltd.
1965年
(昭和40年)
業務拡張により広島市祇園町に移転。
Due to business expansion, the headquarter is moved to Gion, Hiroshima.
1973年
(昭和48年)
資本金を800万円に増資。
Capital increased to 8 million Yen.
1977年
(昭和52年)
代表取締役に吉田 冨美男就任。
Fumio Yoshida becomes CEO.
1979年
(昭和54年)
自動溶接機導入(50缶/ 分)
Automatic welding machine installed (50 cans/min).
1982年
(昭和57年)
自動溶接ライン導入(450缶/ 分)。資本金1,400万円に増資。創業50年を迎える。
Automatic welding line installed (450 cans/min).
1985年
(昭和60年)
資本金2,000万円に増資。
Capital increased to 20 million Yen.
1991年
(平成3年)
東広島市志和町に本社、工場を建設し移転。自動製缶ライン(600缶/ 分)、自動製蓋ライン(600缶/ 分)を増設。
The current plant was completed and headquarter is moved to Shiwa, Higashi Hiroshima city.
Automatic can manufacturing line installed (600 cans/min)
Automatic end manufacturing line installed (600 ends/min)
2007年
(平成19年)
かん詰、びん詰め食品製造業許可取得。救食シリーズ®の食品事業部開始。CANヌードル発売。ISO9001/2000取得。
Series of food for emergency is developed, production starts.
2011年
(平成23年)
無菌おしぼり発売、AE缶高速ライン導入(350缶/ 分)。
Automatic aerosol can manufacturing line installed (350 cans/min)
2012年
(平成24年)
創業80年を迎える。
The 80th anniversary.
2017年7月
(平成29年)
四国営業所開設
2017年8月
(平成29年)
創業85年を迎える。
The 85th anniversary.

ピックアップ記事

  1. taicanmeshith
    弊社(光工業株式会社)は広島大学病院との共同研究により、病院・介護施設・学校等に適した防災用缶入り備...
  2. okayudezousui
    新商品「おかゆde雑炊 梅味」「おかゆde雑炊 たまご味」を発売致しました。